代表メッセージ

Message from Our President

日本ピザハット株式会社
代表取締役社長

中村 昭一

Shoichi Nakamura

「ピザのチカラ」

「ピザのチカラ」をご存知ですか? 私たちは、ピザハットのピザでお客様が幸せになれると信じています。おいしいピザをみんなで分けあって食べれば、思わず笑顔があふれる。私たちはそんな「ピザのチカラ」を信じています。

1958年、アメリカ・カンザス州のウイチタで”ダン”と”フランク”のカーニー兄弟が小さなピザ屋を始めました。それがピザハットの第一歩です。いまでは、世界100以上の国と地域に16,000店舗を有する世界最大のピザチェーンになりました。日本では、第1号店が1973年にレストラン形式でオープンしました。現在は全国で400店以上の店舗を展開しています。

ピザハットといえばパンピザ。生地にはとことんこだわり、一店一店粉から生地を練り上げ、それを鉄鍋パンの中に置き、規定時間しっかりと発酵させ、オーブンで焼き上げています。”手づくり”、”できたて”のピザは、おいしさのためのひと手間を惜しまない調理法で、さらに厳選されたチーズ、ピザソース、トッピングと組み合わせることで最高のおいしさにつながります。

「おいしいは、愛だ。」をスローガンに様々な店舗形態を展開していきます。従来型のデリバリー専門店からテイクアウトもでき、店内でお召し上がりいただける店舗も、次々に展開していきます。「おいしいは、愛だ。」のスローガンは、単純においしさだけを求めていくのではなく、おいしさにつながるすべてを意味しています。従業員の「おもてなし」や「笑顔」であったり、アツアツで提供できる「迅速なお届け」であったり、今まで見たことも食べたこともない未知の『味』や『経験』など、ピザハットの商品をお客様に食べて楽しんでいただくことを目指しています。

今日も全国のピザハットのお店では、一枚一枚丁寧にピザをつくっています。そして、全てのお客様に「ピザのチカラ」を感じていただけるように、どんな場面でもいつもそばにはピザハットがあるように、真心をこめて笑顔で美味しいピザをご提供します。